田中工業のシゴト

TOP 〉田中工業のシゴト

田中工業のシゴト

  • 土木・建築職
  • 営業職
  • 事務職
  • 障がい者雇用

田中工業の土木・建築のシゴトとは

  • 田中工業総合建設事業について

    田中工業は、地元埼玉県比企郡を中心に、創業54年以来、地元密着のゼネコンとして、埼玉県下の土木工事・建築工事を総合的に担ってきました。元は土木中心の工事会社でしたが、近年建築工事事業にも参入し、埼玉県の道路・河川・橋梁などのインフラ整備や、公共施設の新築・改築・メンテナンス等の公共工事、そして民間企業様の工場・ビル・病院・オフィス・店舗といった民間工事を、数多く実施してまいりました。

  • 田中工業土木工事事業について

    土木工事事業は、田中工業の創業以来行ってきた歴史ある事業です。道路橋梁施設・河川砂防施設・下水道施設・上水道施設・造成外構施設・公園緑地施設などといった、埼玉県下の道路・河川・上下水道といったインフラ整備から、市民の皆様が利用する施設周辺の環境や、民間企業様の土木工事を行っています。国や県からも、毎年優秀施工者表彰を頂くことや、80点以上の高い評点、○Aランクを頂くなど、高い評価を頂いています。

  • 田中工業建築工事事業について

    建築工事事業は、田中工業がさらなる飛躍をすべく、近年に入り新設された事業となります。しかし今では、田中工業の代名詞とも言える事業となっており、埼玉県内の集合住宅施設・教育文化施設・医療福祉施設・庁舎事務所施設・商業施設・工場施設、そして戸建住宅施設と、公共・民間を問わず幅広い建築工事を行っています。
    社内でも、土木工事・建築工事それぞれの施工管理資格を持つ優秀な人財をドンドン育てており、今後も土木・建築両面での会社の成長を推進しています。

  • 土木工事の現場監督
  • 建築工事の現場監督
  • 土木工事の現場監督
  • シゴト紹介
  • 先輩社員の声

土木工事の現場監督

  • 監督未経験・監督見習いのシゴト
    田中工業の土木工事は、公共関連の道路工事などが中心。
    業界未経験の方や、業界に入って日の浅い方、まだ施工管理の資格を持っていない方は、まず先輩の現場監督の"補助"として、現場全体の流れや協力会社・職人さんとのやりとり、必要書類の作成などについて身につけて頂きます。まずは現場に慣れること。そのためのサポートをいたします。
  • 2級施工管理 (主任技術者) のシゴト
    2級の施工管理をお持ちの方は、先輩の現場監督の補助として各工程や協力会社とのやり取り、書類作成などの流れを覚えて頂いた後に、小規模現場の代理人として、現場の指揮をお願いします。早い人では、入社2年から3年ほどで実際の現場をおまかせします。
  • 1級施工管理 (監理技術者・専任技術者)
    1級の施工管理をお持ちの方、もしくは社内でステップアップし取得された方は、現場を専任で管理して頂きます。工程管理・品質管理・安全管理はモチロンのこと、後輩となる監督スタッフに指示指導をしつつ、現場を管理して頂きます。
    大きな現場になると、国や県からの発注となり、1年以上の現場を担当することもあります。地域のインフラを作り・守る大切な仕事であり、自身が主体となって現場を完成させる喜びは、とても大きなものがあります。

シゴト紹介

  • 地元のインフラを創るシゴト
    現場監督としてのシゴトは、工事現場は違えども、基本的に同じです。営業担当から受注した工事案件を引き継ぎ、現場代理人として、発注者(施主様)と打ち合わせをしながら、現場の工事・作業が工程通りスムーズに進むよう、現場作業スタッフ・協力会社様に指示を出しながら管理をしていきます。
    現場を任される"現場代理人"として、作業着手から、材料の注文、各工程における作業スタッフの手配、工程の管理と、現場のマネージャーとして、シゴトを進めていきます。
  • 土木工事の監督一日
    基本的に、1つの現場に対して1名の監督(管理技術者)が専任でつき、現場に常駐します。大体は、朝7:45に現場作業員と共に朝礼を行い、当日の工程の確認と安全確認を行います。
    この朝礼で、現場に立つメンバーの健康チェックを行うのも、監督の大切なシゴトです。また、安全確認のための服装チェックなど、田中工業では健康・安全管理を徹底しています。その後は、昼休憩を挟んで工事作業を進めますが、この間に現場代理人として、適宜打ち合わせや提出・報告資料の作成、人や材料の手配等を行っています。工事自体は17時で終了ですが、その後の片づけや翌日以降の準備をすませ、自宅へ直接帰宅します。
  • 田中工業土木工事事業部
    地元の総合建設会社ということで、大手のゼネコンと比べても監督一人ひとりが対応させてもらえる範囲が非常に広く、力を付けさせてもらえる環境だと感じています。 また、監督同士年齢も経験も異なりますが、みんな仲が良いことも、地元密着で活動する中小企業だからこそだと思います。
    そして、何より地元でこういった大きな工事を担当でき、安心して働ける環境にあることが、大きな特徴です。結婚して子供さんがいるメンバーも多いですが、やはり大手ゼネコンのように転勤が多いところと比べて、地元で家や家族と離れること無く働けることは、大きなメリットですね。

先輩社員の声

  • 土木部 入社8年目 菅原さん

    土木も建築も自分が手がけられる喜び
    田中工業は、土木工事だけでなく建築工事も行う、総合建設会社。そして、土木・建築という自身の担当に縛られず、ドンドン資格取得を推進し、応援してくれる会社です。私自身も、土木工事の現場監督をしつつ、今では建築工事や舗装工事といった分野の施工管理資格を取得させてもらいました。
    社員一人ひとりの将来を考えた時、自身の出来るフィールドを広げさせてくれる会社は非常に心強く、有り難い限りです。会社が社員を応援してくれる環境は、働いていて非常に安心だなと感じています。
  • 建築工事の現場監督
  • シゴト紹介
  • 先輩社員の声

建設工事の現場監督

  • 監督未経験・監督見習いのシゴト
    田中工業の建築事業は、民間建築工事が中心です。
    業界未経験の方や、業界に入って日の浅い方、まだ施工管理の資格をを持っていない方は、まず先輩の現場監督の”補助”として、現場全体の流れや協力会社・職人さんとのやりとり、必要書類の作成などについてみにつけて頂きます。まずは現場になれること。そのためのサポートをいたします。
  • 2級施工管理 (主任技術者) のシゴト
    2級の施工管理をお持ちの方は、先輩の現場監督の補助として各工程や協力会社とのやり取り、書類作成などの流れを覚えて頂いた後に、小規模現場の代理人として、現場の指揮をお願いします。早い人では、入社4年から5年ほどで実際の現場をおまかせします。
  • 1級施工管理 (監理技術者・専任技術者)
    1級の施工管理をお持ちの方、もしくは社内でステップアップし取得された方は、現場を専任で管理して頂きます。工程管理・品質管理・原価管理・安全管理はモチロンのこと、後輩となる監督スタッフに指示指導をしつつ、現場を管理して頂きます。
    大きな現場になると、官公庁の工事を始め民間事業者からの発注となり、1年以上の現場を担当することもあります。快適で、安心した建築構造物の施工に携わり、自身が主体となって現場を完成させる喜びは、とても大きなものがあります。

シゴト紹介

  • かっこよく快適な建築物を創るシゴト
    現場監督としてのシゴトは、工事現場は違えど、基本的に同じです。営業担当から受注した工事案件を引き継ぎ、現場代理人として、発注者(施主様)と打ち合わせをしながら、現場の工事・作業が工程通りスムーズに進むよう現場作業スタッフ・協力会社に指示を出しながら管理をしていきます。
    現場を任される”現場代理人”として、作業着手から、材料の発注、各工程における作業スタッフの手配、工程の管理と、現場の所長として、シゴトを進めていきます。
  • 建築工事の監督の一日
    建築現場はチームで行います。1つの現場に対して3名から5名で役割分担をし、現場に常駐して現場管理を進めます。朝は、7:45に現場作業員と共に朝礼を行い、当日の工程の確認と安全確認を行います。
    この朝礼で、現場に立つ作業員の健康チェックを行うのも、監督の大切なシゴトです。
    また、安全確認のための服装チェックなど、当社では健康・安全管理を徹底しています。
    その後は昼休憩を挟んで工事作業を進めますが、この間に現場代理人として、打ち合わせや提出・報告資料の作成、人員や材料の手配等を行っています。工事自体は17時で終了ですが、その後の片づけや翌日以降の準備をすませ、自宅へ直接帰宅します。
  • 田中工業の建築工事事業部
    地元に根付いた総合建設会社ということで、大手のゼネコンと比べても監督一人ひとりが対応させてもえる範囲が非常に広く、力をつけさせてもらえる環境だと感じています。また、監督同士年齢も経験も異なりますが、みんなが仲が良いことも、地元密着で活動する中小企業だからこそだと思います。
    そして何より地元でこういった大きな工事を担当でき、安心して働ける環境にあることが、大きな特徴です。結婚して子供さんがいるメンバーも多いですが、やはり大手ゼネコンのように転職が多いところと比べて、地元で家や家族と離れること無く働けることは、子供の為にも大きなメリットですね。

先輩社員の声

  • 建築部 小林さん(左)高橋所長(右)

    土木も建築も自分が手がけられる喜び
    当社では、埼玉県内での評点が〇Aランクに位置づけをされています。そのため埼玉県で注目を受けるような工事の建設に携わることができます。建築は、チームで動くことが求められる中、現場でのコミュニケーションを積極的に取り、より良い工事に繋げられるよう日々努力をしています。
福利厚生・ご家族の方へ

田中工業の営業のシゴトとは

公共営業

官公庁(国・県・市)から発注される公共建築・土木工事の受注対応を行って頂きます。
名前は”営業”とついていますが、実際は営業活動はほとんど無く、発注された建築・土木工事案件の見積り(積算)を作成・提出し受注までのやり取りを行います。

また、官公庁発注の公共工事の入札対応も営業の仕事となりますので、入札公告を確認する他、入札に関する情報収集を役所等に足を運び、行って頂きます。

民間営業

主に、工場や施設といった民間企業・法人から発注される建築・土木工事の営業を行って頂きます。大きく分けて「新設工事」と「リニューアル工事」がありますが、繰り返し田中工業にご依頼頂く企業様も多く、その際は公共工事同様、受注対応をメインに行って頂きます。

新規顧客の開拓営業も行っておりますが、田中工業ではひと味変わった営業方法をとっております。建物を建てる・建て直す等する場合、完成後の屋内環境や稼働時の効率等が重要となります。そこで、田中工業では「省エネ・コスト削減・生産性アップコンサルティング」をお客様にご提案し、他社との差別化を図っています。

ただ「建物を作る・直す」ではなく、そこで働く方の働きやすさや、稼働時の生産性が改善されることまで踏み込んだ「省エネトータルソリューション」を持って、新規顧客を開拓して頂きます。

福利厚生・ご家族の方へ
エントリーはコチラ!

営業職について

  • 田中工業の行う営業とは

    営業活動にかかわる全般業務を行います。公共営業・民間営業を通じて建設工事の受注や提案、折衝をしながら顧客のニーズを読み取ります。

    きめ細かくサービス提供ができるよう顧客の一番近くに立ち技術部門への展開を共有していきます。

  • 営業の1日

    営業開発部での1日は、部内のスケジュール確認から始まります。また、メールのチェック等の連絡調整を終えて外回りへ行きます。また、ご依頼のヒアリングや見積もり提出、契約書の確認等を実施します。

    1日の終わりに、明日の準備や訪問確認等を済ませて終了となります。

  • 先輩社員の声

    営業は、お客様に一番近くにかかわる会社の顔となります。新規のご依頼や既存のお客様にもメリットが出るようなご提案から施工、アフターフォローに至るまで対応をします。

    お客様の望み以上のご提案を通じて施工、竣工となった時はこの上ない喜びです。

福利厚生・ご家族の方へ

田中工業の事務のシゴトとは

総務

社内の中での縁の下の力持ち。社員がより働きやすい環境を整備していくことが総務事務のお仕事です。年間の行事計画から始まり、書類作成や処理業務、ファイリング、備品管理や発注管理、社内のイベントの計画、広報、電話対応、メール対応、来客対応等。多岐にわたる業務となります。

人事

採用や社員教育の企画を通じて社員成長を支える担当となります。また、求人募集のパンフレット作製や、webの更新等を実施しながら会社の見方までデザインをしてきます。会社の成長につながる人材の採用や育成に係って頂きます。

経理

日常のお金の出納や伝票を管理して頂くお仕事です。請求書類の取りまとめから各生産工事の割り振りやファイリング、小口現金出納の管理などを行っていきます。また月次決算の補助業務として、経費精算、受注管理、請求書発行、銀行振込、記帳などに係って頂きます。

福利厚生・ご家族の方へ
エントリーはコチラ!

事務職について

  • 田中工業での事務業務とは

    当社の事務業務では、総務・経理・人事事務など幅広く対応をしています。間接部門でありながら積極的に直接部門への支援を通じ会社全体の縁の下の力持ちとして現場の稼働かスムーズに進行することを心がけています。

  • 事務職の1日

    週初めのミーティングを通じて進捗管理をします。日別、週別、月別単位でPDCA管理を施しています。全体問題があるところをチームで補完しながら1日の作業を進めていきます。お昼は一緒にランチを行くなどをしたりもします。

  • 先輩社員の声

    当社の事務職は、総務経理人事の事務手続きがメインとなります。また、他部門とのコミュケーションをはかりながら会社全体の軌道が安定していくように支援を図ります。そのような対応力、応用力、そしてコミュニケーションを図る能力が求められていきます。

福利厚生・ご家族の方へ

田中工業の障がい者雇用のシゴトとは

建築積算業務

設計図面や仕様書から、建築工事に必要となる材料費、労務費、外注費等を数量や単価から算出します。また、積算を行うにあたっては、設計図や仕様書はもちろん、施工環境(規模、場所、期間等)を考慮して最終的な要する建築工事価格を求める仕事なります。 積算を正確に実施することは、その後の工事の原価管理や予算管理に連動してくるため、大切な役割となります。

土木積算業務

設計図面や仕様書から、土木工事に必要となる材料費、労務費、外注費等を数量や単価から算出します。また、積算を行うにあたっては、設計図や仕様書はもちろん、施工環境(規模、場所、期間等)を考慮して最終的な要する建築工事価格を求める仕事なります。 積算を正確に実施することは、その後の工事の原価管理や予算管理に連動してくるため、大切な役割となります。

福利厚生・ご家族の方へ
エントリーはコチラ!

障がい者雇用について

  • 障がい者雇用の方々の業務

    当社では、多様性を生み出せる職場環境を目指しております。男性女性、外国人もハンディキャップがある方も、それぞれの強みを最大限に発揮できるように仕事の工夫を進めています。

  • 田中工業での1日

    新規工事の工事見積をスタートします。当該工事の特性(仕様書や告示や現場)を見定め積算ソフトを利用し工事額を積み上げます。過去の類似工事の特徴や、発注者の傾向、協力業者の見積もり依頼等を合わせながら工事金額の適正化を見積もります。

  • 先輩社員の声

    工事積算業務を主に担当いたします。工事の積算は工事に関して要する費用を金額面から算出して工事予算を算出していきます。工事金額を正確に算出することは、受注面・財務面等大きなインパクトをもたらします。分析能力や正確な作業が求められる重要な役割となります。

福利厚生・ご家族の方へ
求人応募
【求人に関するお問い合わせ 】
049-296-2191
  • 【受付時間】平日 8:00~17:00
  • 【受付担当】田中工業 採用担当
求人応募
株式会社田中工業
ページトップへ
Copyright (C) 2018 株式会社田中工業 All Rights Reserved.